こだわりの素材や品質

HOME > こだわりの素材や品質

そこに暮らす人の健康や地球環境への
負荷軽減を追求しています

コバケンホームが大切にしているのは、私たちが建てる家にお住まいになる方の快適で健康な暮らし。そして、地球環境に与える負荷を限りなく小さくすることです。これらは、住宅建設に携わる者として当然、配慮すべき課題と言えるでしょう。こちらでは静岡・浜松で「自然素材で建てる家」など新築注文住宅を手がけるコバケンホームの取り組みについてご案内します。

シックハウス症候群のリスクも最小限に。からだにやさしい天然無垢材

シックハウス症候群のリスクも最小限に。からだにやさしい天然無垢材

無垢材とは、伐採した樹木を切る、削るなどの加工を施しただけの木材で、細かく切り分けた木材を接着した集成材や合板などとはまったく性質の異なる建築材料です。とくに無垢材には調湿機能があり、室内の湿度を一定に保って住まいの大敵である結露を防いでくれます。当然、カビやダニも発生しにくく、アトピー性皮膚炎に代表されるシックハウス症候群など健康被害を最小限に抑える効果も期待できます。
接着剤などを使用していないためホルムアルデヒドなどの有害物質の蒸散もありません。


歳月とともに味わいが深まるのも無垢材の特徴

無垢材は時間とともに乾燥し硬く、丈夫になっていきますが、その過程で一部にひび割れなどが起こる場合もあります。しかしその程度もごく軽微で、強度などへの影響はありません。歳月とともに木肌の色合いが深くなるなどの変化は、むしろ味わいを感じさせるもので、これが天然無垢材ならでは良さとも言えます。

コストを考慮して、良質な杉材、ヒノキ材を適所に使用

コストを考慮して、良質な杉材、ヒノキ材を適所に使用

コバケンホームでは、無垢材のなかでも日本の気候に合った杉やヒノキ、松などを主体に建築材料として採用しています。もちろん家一棟をすべて無垢材で建てようとすると建築コストも相応に高くなります。当社ではご予算に応じて、こうしたこだわりの素材を適所に使うことをご提案しています。たとえば床一面を無垢材にするだけでも、木肌の温もりや触感から暮らしのクオリティ向上を実感できるでしょう。


無垢材の魅力

時間の経過とともに強度アップ
無垢材は時間の経過とともに乾燥の度合いが高くなり、同時に強度も増していきます。集成材は初期の強度は優れていますが何十年という歳月とともにむしろ強度が低下してしまいます。
調湿作用でカビ・ダニを抑える
天然無垢材は呼吸し、生きている素材。だから、室内にこもった湿気を吐き出して、つねに快適な環境を整えてくれます。部屋に湿気がこもらないためカビやダニも発生しにくく、健康的です。
高い断熱性で冬暖かく、夏涼しい
高い断熱性も天然無垢材の持つ強み。だから冬暖かく、夏涼しい理想的な室内環境が保たれます。当然、光熱費も低く抑えられて経済的。もちろん環境への負荷軽減にも貢献します。
有害な化学物質を含まない
集成材や合板などと違い、無垢材には接着剤などの化学物質が使われていません。シックハウス症候群などの健康被害をもたらすホルムアルデヒドといった有害物質とも無縁です。
森林浴のような癒やし効果
森林浴が心身の健康に良いのは、杉やヒノキなどがフィトンチッドと呼ばれる天然の精油成分を含んでいるからです。天然無垢材の家はまさに住むだけで森林浴効果を実感できます。

健康的な住まいをつくる古くて新しい建築素材「スイス漆喰」

健康的な住まいをつくる古くて新しい建築素材「スイス漆喰」

「自然素材で建てる家」のコバケンホームが推奨している内装材は、スイス漆喰(しっくい)「カルクウォール」と呼ばれるもの。消石灰という天然由来成分でできた素材なので、接着剤を用いる壁紙とは違って、有害な化学物質を含まず非常に健康的です。しかも石灰の持つ強いアルカリ性がカビの発生を抑え、部屋にこもったイヤな臭いも根本から分解・吸収してくれます。また、スイス漆喰には天然無垢材と同様の吸湿作用もあり、カビやダニの発生を抑えて過ごしやすい室内環境にしてくれます。


輝くような白いインテリアに。しかも、汚れにくく美しさも長持ち

輝くような白いインテリアに。しかも、汚れにくく美しさも長持ち

人にやさしい素材、しかしスイス漆喰の良さはそれだけではありません。その純白な素材色を基調に、明るいインテリアを構成できるのもポイント。壁部分を白くできるので、他の家具や調度の色あいや観葉植物の緑も映えます。それでいて、「壁が白いと汚れも目立つのでは?」という懸念もスイス漆喰なら無用。化学物質やプラスチックなどの添加物が一切ないスイス漆喰は静電気を発生しないので埃やハウスダストを寄せ付けません。さらに、付着した有機物を自然分解させる独特の自浄作用で、仮に汚れても自然と元の美しさを取り戻します。



メンテナンスいらずの頼もしい素材

メンテナンスいらずの頼もしい素材

スイス漆喰の主成分である消石灰は、空気中の炭酸ガスと結びついて その還元作用で元の石灰石に戻ります。したがって年数が経てば経つほど堅牢になるということ。事実、漆喰でできたギリシャやスイスの家は、何百年もその美しい姿をとどめています。


床下までカバーする先進的な24時間換気システム「澄家Eco」

調湿機能を持つ天然無垢材、スイス漆喰に加え、コバケンホームが室内環境の快適性向上のために推奨しているのが第一種熱交換型セントラル換気システム「澄家Eco」。冷暖房により一定に保たれた室温に影響を与えず、外気と室内の空気を入れ替えるためたいへん効率的で、住宅の高気密・高断熱化が進んだ今日では必須と言える熱交換システムです。また、運転部分を床下に置くため、室内だけでなく床下換気にもなりシロアリ対策にも寄与します。

床下までカバーする先進的な24時間換気システム「澄家Eco」

冬は過乾燥を防ぎ、夏は暑さ緩和で省エネにも貢献

澄家Ecoは、換気の際に失われてしまう室内の暖かさや涼しさを再利用(熱回収)するので、冷暖房効率にも影響を与えません。しかも、冬には屋内の排気から水蒸気を回収して室内に戻すので、乾燥防止にもなります。

冬は過乾燥を防ぎ、夏は暑さ緩和で省エネにも貢献

大切な住まいを地震から守る!面材・断熱材・間柱・枠材が一体化した「コーチパネル」

大切な住まいを地震から守る!面材・断熱材・間柱・枠材が一体化した「コーチパネル」

建物は、地震による横方向からの衝撃に弱いという特徴があります。そのため、地震から住まいを守るには、その対策をする必要があるのです。「コーチパネル」は、耐震強度(横からの耐衝撃性)に優れた壁材。「真壁仕様(しんかべしよう)」と呼ばれる柱と柱の内側にパネルを設置した工法を採用することで、地震による衝撃をパネル全体で吸収・分散し、震度6強~7の揺れでもしっかりと住まいを守ることが可能です。

余震からも建物を守る優れた耐震性

地震により倒壊する住宅は、本震には耐えたとしても繰り返し起こる余震が原因で倒壊してしまう場合があります。従来の耐震工法は、柱と柱の間に斜めに一本の補強材を取り付ける「片筋違(かたすじかい)」や、柱と柱の外側にパネルを設置する「大壁直貼り(おおかべじかばり)」が一般的。これらの工法の場合、衝撃が一ヶ所に集中するため、補強材やパネルが耐えきれず倒壊するリスクが高まるというデメリットがありました。しかし、コーチパネルなら従来の耐震工法の約2倍の耐久性と約1.6倍の柔軟性により、本震はもちろん、余震による建物の倒壊を防ぐことができます。

余震からも建物を守る優れた耐震性

工期の短縮によるコストカットを実現

コーチパネルは、施工が簡単なパネル式の壁材なので、現場で加工してから取り付ける必要がありません。そのため、施工期間を短縮、費用を抑えることができます。

コーチパネルの魅力

コーチパネルは、耐震性やコストカットなどのメリット以外にもさまざまな特徴があります。

コーチパネルの魅力

スピーディーに取り付け可能
工場で製造されたコーチパネルを現場まで直接お持ちします。そのため、スピーディーな施工が可能。現場での加工が不要なため、削りカスやゴミを出しません。
優れた断熱性
コーチパネルは、断熱性が高い「フェノールフォーム」と呼ばれる断熱材を壁内に隙間なく詰めこんでいます。そのため、室内と室外の温度差により発生する結露を防ぎ、カビの発生を抑えることができます。
機械による精密加工
コーチパネルは、コンピューター制御により0.1mmの単位でパネルを加工します。複雑な形状のパネルでも正確につくるため、手作業では不可能な高品質なパネルも製造できます。

優れた断熱性能を発揮する高性能樹脂サッシ「シャノンウインド」

日本では窓枠の素材はアルミ製が一般的です。アルミ製のサッシの場合、熱が伝わりやすいので窓から熱が逃げてしまいお住まいを温まりにくかったり、冷やしにくかったりする場合があります。そこでコバケンホームでは、アルミサッシに比べ熱が伝わりづらい高性能樹脂サッシ「シャノンウインド」をおすすめしています。「シャノンウインド」は、硬質塩ビ製品に分類され、塩ビ樹脂製の窓枠と高性能ガラスを組み合せたものです。ガラスは、二重複層ガラスで夏場には太陽光や紫外線の侵入を防ぎ冷房効果を高め、冬には暖房による輻射熱を逃さず温かい空間を保てるようにします。

シャノンウインドの3つの効果
快適効果

夏には太陽光を60%、紫外線を81.5%カットして室内への侵入を防ぎ冷房効果を高めます。冬には熱の移動のおおよそ75%と言われている輻射熱を外部へ逃げることをカットしますので温かい空間を保つことが出来ます。

断熱効果

日本で多く使われているアルミサッシでは、窓から熱が逃げてしまいます。シャノンウインドは樹脂サッシですので熱が伝わりにくく窓から熱が逃げるのを大幅に防ぐことが出来ます。

断熱効果

シャノンウインドは高い断熱性能を持っておりますので室内の冷暖房効率を高めることができます。冷暖房率を高めることが出来ればエアコン等の空調の稼働を抑えることができるので結果的に冷暖房費の節約にもつながります。


ゼロエネ・長期優良住宅の家

ゼロエネ・長期優良住宅の家

コバケンホームでは、優れた高気密・高断熱性能と太陽光発電による創エネを組み合わせた「ゼロエネ・長期優良住宅の家」をご提案しています。基本的なコンセプトは「使う以上のエネルギーをつくり、しかも多彩なエコ技術で使うエネルギーそのものを削減して、ゼロエネルギーを実現する」こと。家計にもやさしく、地球環境にもやさしい、それが「ゼロエネ・長期優良住宅の家」です。

コバケンホームが家づくりで大切にしている7つのコンセプト