建て替えとリフォームのメリット

HOME > 建て替えとリフォームのメリット

家が古くなってきた。
建て替えとリフォーム、どちらがベター?

築年数が経過して家の至るところが古く、使いづらくなってきた。間取りや水回り、キッチンなどが今の暮らしにそぐわない──など、長年住み続けているからこそ実感する我が家への不満や不安。それらを解決するには、リフォームや建て替えが必要になります。では、リフォームと建て替え、どちらが選択肢としてベターでしょうか? こちらでは、静岡・浜松で新築注文住宅を手がけるコバケンホームが、その見極め方についてご説明します。

建て替えとリフォーム、増築の違い

築年数も増え、老朽化した箇所や今の暮らしにそぐわない部分が出てきた場合に、考えられる対策が建て替えやリフォーム、そして増築です。では、これらにはどのような違いがあるのでしょうか。

  1. 建て替え

    老朽化した建物を壊して、同じ敷地に新しい家屋を建てることです。デザイン・設計ともに一新できることがポイント。

  2. リフォーム

    家の中で老朽化した箇所を回復したり、現在の暮らしぶりにそぐわない部分を新しく差し替えたりすることです。多くの場合は家の構造そのものは残して、内外装の一部や設備を一新します。

  3. 増築

    簡単に言えば床面積を増やすことで、部屋を広くしたり、追加したりします。リフォームと違い、必要に応じて家の構造に手を加えたり、あるいは敷地内に新しい構造物を設けたり、平屋を2階建てにするなど、さまざまなケースがあります。一般的には地方自治体への確認申請が必要となります。

  4. リノベーション

    最近耳にするリノベーションと言う言葉は、古くなった建物に新しいコンセプトで用途や機能を変えることです。リフォームに比べて、比較的大がかりな工事を指す場合が多いですが、その境界線は非常に曖昧になっています。

建て替えか、リフォームか、その見極めるポイントは?

建て替えか、リフォームか、その見極めるポイントは?

建て替えやリフォーム、増築とはどんなものかについて、おおよその定義を説明しました。しかし、多くのケースでは、実際にどの手法が適切なのか判断に戸惑うことも少なくありません。こちらでは、増築かリフォームかで迷った場合の決め手、判断基準についてご説明します。


  1. 愛着・歴史的価値

    建物自体に強い愛着がある場合や、代々住み継がれてきた家では構造そのものに手を加えないリフォームが適しています。また伝統的街並み保存地区にあり新築工事するのが難しい場合などもリフォームの対象。場合によっては、外観を変えずに耐震補強を実施する場合もあります。

  2. 耐震強度

    家が老朽化して、地震などの災害に耐えることができないような場合は構造補強のためのリフォームが必要です。とくに昭和56年4月以前に建てられた家は、旧耐震構造基準で設計されているため、そのまま住み続ける場合は耐震補強工事が必要です。費用は100~200万円程度が普通ですが、同じ額を頭金にして新しい家に建て替えるという方法もあります。

  3. 費用面

    建て替えよりリフォームが費用面で優位かどうかは、工事の規模にもよります。リフォーム箇所が多くしかも耐震補強工事まで含んでいるような大規模なものだと、もしかすると建て替えてしまったほうが得策という場合もあります。

  4. 工事期間

    外壁の塗り替えや水回りの補修程度の小規模なリフォームなら工事期間もそれほど長くなりませんが、規模によってはそこで暮らしながらの工事になるので、不便を強いられたり騒音に悩まされたりすることもあるでしょう。建て替えの場合は工事が終わるまでの間の数ヶ月間は引越し先で生活することになります。

  5. タイミング

    人生にはさまざまな転機や家族が増えたといったように状況の変化があり、こうしたタイミングでリフォームや建て替えが必要になる場合があります。

    • 親との同居が必要になった→増築・建て替え
    • 子どもが成長して、独立した部屋が必要になった→リフォーム・増築
    • 高齢になって、住まいのバリアフリー化が必要になった→リフォーム
    • 子ども世代が独立して部屋が空いた→リフォーム・建て替え(平屋)

建て替えに際して気を付けたいこと

建て替えに際して気を付けたいこと

建物の構造、間取りはなるべくシンプルにまとめるのがベターと言えるでしょう。その理由としては、必要なものや機能はリフォームで後から簡単に追加できるからです。たとえば子ども部屋も広い一室を設けておき、後から仕切り扉などで空間を区切ることでお子さんの人数に合わせて部屋を利用できます。また、後々、大規模な補修や修繕が必要にならないよう、日頃から住まいを手入れしておくことも忘れずに。日常的なメンテナンスで家の構造部分などへのダメージが大幅に減ります。

リフォームの4大メリット
工期が短い
解体工事や構造部分の取り壊しが不要なため、工事にかかる日数も1日~数ヶ月程度で済みます。
仮住まい不要
仮に家全体をリフォームする場合でも、居住しながら工事を進めることができます。ただし、期間中は工事に伴う騒音などを我慢する必要もあります。
法的制約を受けない
建築基準法改正前に建てられた家であれば、リフォームしても当初の建ぺい率を維持でき、確認申請などの手続きが不要になります。
低予算でOK
建て替えは新築とイコール。当然、数千万円程度の費用がかかります。しかし、リフォームなら300~1,200万円程度の範囲で収めることが可能。また、水回りの改修や外壁塗り替えなど、ピンポイントのリフォームならより低予算で実施できます。

静岡・浜松で40年以上の実績を持つ住宅のプロ、
コバケンホームにご相談ください

リフォームか、建て替えか──厳密には建物の築年数や状況などによって見極めが微妙になることもあります。そんなときこそ、経験と実績豊富な住宅のプロ、コバケンホームにご相談ください。徹底した現地調査を実施し、お客さまからのご要望を伺った上で適切な方針を提案させていただきます。

住宅のプロにご相談ください お問い合わせ